2014年11月アーカイブ

中性脂肪値はアルコールに注意

以前はふくよかであることは、幸せやお金持ちの象徴でもありました。しかしメタボリックシンドロームが話題になったころから、肥満に対する考え方が変わってきました。肥満は健康被害のリスクが高いとされ、節制をして体重を適正数値内に安定させることが推奨されています。
特に中性脂肪値が高くなると皮下脂肪として蓄積されます。皮下脂肪の蓄積量が増えるほど肥満度が高くなってしまうのです。
中性脂肪が高くなる原因は主に食生活によります。人は活動するために必要な1日のエネルギーがほぼ決まっています。そのため、その量以上に食物を摂取し、燃焼されないとどんどんと脂肪として蓄積されてしまうのです。エネルギーは食物から取り入れますが、必ずしも脂っこい食品とは限りません。炭水化物、タンパク質なども過剰摂取をすれば体内に蓄積されてしまうのです。
アルコールも例外ではありません。アルコールの過剰摂取は中性脂肪を多く作り出してしまうことになります。アルコールは肝臓で分解されて毒素を体外に排泄していますが、過剰摂取によって肝臓の処理が間に合わなくなります。肝臓の機能が低下すると中性脂肪の増加につながってしまいます。
また、アルコールの摂取で注意したいのは、共に食べるつまみ類です。カロリーの高い料理をおいしく感じてしまうのです。また、アルコールは食欲増進の効果がありますので、食事の量も多くなりがちです。
中性脂肪値が気になっている人は、アルコールの摂取に注意をしなければなりません。毎日飲まないこと、量を控えること、つまみに気を付けることなど考えて楽しむことが大切です。

皮下脂肪が気になる人へのお勧めサイト⇒皮下脂肪サプリ※人気ランキング