γgtpとアルコール性肝炎

γgtpはアルコール脂肪肝のような、自身ではなかなか分かりずらい肝臓の異変を、検査をすることによって推し量ることができる血液検査です。

過剰な飲酒を継続することによって、自身では気付きにくいアルコール性脂肪感を引き起こし、そのまま過剰な飲酒を継続すと、アルコール性肝炎、肝硬変と悪化してしまいます。

アルコールは分解されてから無毒化に至るまでに、十分な時間を要するため、長い時間飲酒を続けると、肝臓が働きっぱなしとなってしまいます。

過剰の飲酒は肝臓に大きなダメージを与えますし、日常的に飲酒していると、多くの場合アルコール性脂肪肝となっています。

肝臓の細胞破壊は極めて徐々に進むうえ、アルコール性脂肪肝は自身ではわかりにくいのが特徴です。

アルコール性脂肪肝を引き起こすと、肝臓機能が衰えるので、そのまま過剰な飲酒を行うと肝機能が壊れてしまったりと大きなダメージとなってしまうので気をつけましょう。

γgtpの検査で数値が高く、アルコール性脂肪肝とわかったら、飲酒を止めることと、γgtpサプリメントを飲むことによって徐々に数値が下がってきますが、自覚が難しいので飲酒を止めるように言われても実際に行えないこともあるそうです。

アルコール性脂肪肝とわかっても、更に過剰な飲酒を継続すると、アルコール性肝炎や肝硬変へと悪化してしまうので、自覚症状がないのであっても、必ず飲酒はやめましょう。

もしもアルコール依存症なので飲酒を止めることができない、というのであれば、そのための治療を要するので、早めに医師と相談して治療を行うことが大事です。