2014年5月アーカイブ

クレンジングの行い方

メイクをしたならクレンジングは絶対に必要な過程と言えます。
もしかしたら、クレンジング後に洗顔をするのだからクレンジングは適当に済ませても大丈夫だろうと考えている人もいるかもしれませんが、このクレンジングという段階は、美しい肌を保つためにはとても重要なポイントと言えるのです。
正しくクレンジングを行えるかどうかできちんとメイクを落とせるかどうかだけでなく、肌トラブルを招いてしまうかどうかが決まってくるのです。
では、正しいクレンジングとはどのように行うのでしょうか。
ポイントを押さえておきましょう。
まず最初は、クレンジングをしっかりとメイクになじませることから始まります。
最近は、「濡れた手でも使える」というクレンジングも多く見かけるようにはなりましたが、それでも、やはり、濡れた状態では乾いた状態で使う時よりもメイクへのなじみ方は悪くなってしまいます。
ですから、出来るものなら、乾いた状態で使うようにしましょう。
なじませ方の基本は「優しく」です。
メイクをしっかりと落としたいためにゴシゴシ洗うことは避けましょう。
まずは、全体にクレンジングをなじませ、その後、アイメイクなどしっかりとメイクしている部分を落とすようにしてください。
次は、乳化もしくは拭き取りという段階です。
クレンジングはメイクになじませた後ぬるま湯で乳化させるタイプと拭き取るタイプに分かれます。
どちらのタイプのクレンジングか確認してみてください。
最後は洗顔です。
ぬるま湯でしっかりクレンジング剤を落とした後に、洗顔を行うようにしてください。
ただし、クレンジング剤である程度の皮脂は落ちていますから、ダブル洗顔をするのは避けるようにしましょう。