炭酸パック刺激

炭酸パックを使用すると肌に軽くシュワシュワとした刺激を感じます。この刺激は肌に良いのか悪いのかとても不安になると思います。使用方法や使用時間を守ればほとんどの方に悪影響が出ることはありません。

炭酸パックを顔にのせている時間は商品によって異なりますが20分から30分ほどだと思います。炭酸パックをのせて10分ほどで刺激は落ち着いていきます。特に刺激を感じている場合というのは、肌が冷えている状態のときに炭酸パックを使用した場合でしょう。なぜかと言うと、炭酸パックは熱に弱く、冷えている状態の方が炭酸ガスは活発に働きます。そのため炭酸ガスは肌に解け出て、肌の奥深くに入り込もうとしているのです。むしろこの刺激を感じるということは、炭酸ガスは肌に正常に働きかけているということなので安心してご使用ください。
また刺激とともに肌が赤くなる方もいるでしょう。しかしこの赤みも一時的なもので、炭酸ガスが作用しているということなのです。炭酸パックは敏感肌の方にも使っていただける低刺激処方となっていますので、安心してご使用いただけます。また炭酸パックは、血行を良くし血流を促し美容成分をっかり補給、肌に溜まった老廃物を排出し肌を美しくさせます。パックを使用し肌が赤くなると言うことはむしろ、お肌の血行が良くなった証で、炭酸ガスが作用しているということなので安心してください。
炭酸パックを使い慣れてくるとそのうち刺激にも慣れてくるそうです。心地よいシュワシュワだと感じるようになるそうです。炭酸パックは、敏感肌の方はもちろん乾燥肌、にきび肌、アンチエイジングなどなど様々な肌トラブルの方に対応しています。炭酸パックを使い続けることにより問題のあった肌が改善されていきます。